Apple Watchで支払い Assistive Touchでの支払いが不安定だった

便利生活



どうもカクです。

僕は最近Apple Watchデビューしたんですが、

コンビニやスーパーなど電子決済ができるお店では全部クレジットカード支払いやIDが支払い【非接触決済】を利用しています。

そこで効率オタクの僕は【ぐーたらじゃないよ!】支払いカードを出すのすら面倒くさくなってきて、

これからは、Apple Watchで支払いしたらもっと便利だなぁ、と考えてApple Watchを購入した次第です。

ぶっちゃけめっちゃ便利だったんですが、僕はクレジットカードの非接触決済

【IDとかクイックペイとかSuicaみたいなカード読み取りリーダーにかざすだけの支払い】

支払いがメインです。

Apple Watchを使ってみて本当に便利だった事、厳選1つの記事でも書いたんですが、

三井住友カードNLのクレジットカードはVISAタッチ決済と言って、クレジットカードをIDやクイックペイみたいに、クレジットカードを差し込んだりスライドさせたりしなくても他の電子マネーみたいにお店の読み取りリーダーに自分でかざすだけでクレジットカード支払いが即時可能で、本当に便利なんです。

Apple Watchにクレジットカード支払いをするには、クレジットカードをApple Watchに設定をする必要があります。

設定が完了したらApple Watchのサイドボタンをダブルクリックするだけで

Apple Watchが支払いモード【クレジットカードに変身する】になるのであとは電子決済カードをかざす用にApple Watchをかざすだけで、支払いが完了します。

Apple Watchのサイドボタンをダブルクリックすると下のような画面になります。

これが支払いモードです。

この画面のままお店のカードリーダーにApple Watchをかざせば支払いの音がなり即支払が完了します。普通の電子決済カードをかざしたときとスピードレスポンスは変わらないくらい一瞬で終わります。

Apple Watchの最新バージョンOSではこのサイドボタンを押さなくてもAssistive Touchといって手の動きで色々な動作を割り当てることができます。

今回の記事ではAssistive Touchの詳細や設定などは割愛しますが、

僕はこのAssistive Touch【僕の場合手をグーパーにする設定】で上記の画像の支払いモードにできる設定をしていました。

しかしAssistive Touchで起動した支払いモードはどうも不安定だったんです。

今回の記事ではその不安定だった事の詳細を書いて行きます。

もしあなたが、Apple Watchで電子決済をしていて、たまにうまく支払いが完了しない時がある時、

もしかしたらAssistive Touchを使用していませんか?

Apple Watchでの電子決済【僕の場合クレジット支払いとID決済支払い】自体は安定して超便利

Apple Watchに登録したクレジットカードやID支払いなどは、約1ヶ月強使用していますが、

非常に安定していて支払いがうまく行かなかった・・・なんてこともなくとても便利に使用しています。

普通にApple Watchのサイドボタンをダブルクリックして支払いモードにして支払う方法で使用しています。

しかし、Apple WatchのAssistive Touchの動作に支払いモードになるように設定して使用するとどうも支払いが上手く完了しない現象が数回起きました。

僕の場合は手をグーパーにすると支払いモードになるように設定していましたが、その支払モードの画面もよーく見ると、サイドボタンで標準的に起動した支払いモードの画面も少し違う用に見えます。

サイドボタンダブルクリックとAssistive Touch、2つで起動した場合の違い

まずは普通の起動方法、Apple Watchのサイドボタンで支払いモードを起動した画面

上の画像の用に普通に支払いモードの画面です。この画面でリーダーにApple Watchをかざすだけで、

問題なく支払いが完了します。

しかし

Assistive Touchで起動した下の画面を見てみてください、明らかにカードの表示が上の方にずれています。

上の画像の様にAssistive Touchで支払いモードを起動するとぱっと見、

普通に支払いできるモードの画面の様に見えますが、

上の2つの画像を見比べてみると、表示がずれています。

表示のずれだけならいいのですが、支払いが上手く完了しなかったりしたので、

ソフトウェア的に画面では分からないエラーがでているのかもしれません。

僕はこのAssistive Touchで起動した場合の支払いモードでは何回かエラーが起きて支払いができないことがありました。

毎回ではなかったのですが、どうもAssistive Touchでの支払いモード起動はまだ不安定のようです。

バグなのか何なのかははっきりとわかりませんが、僕はこれを機に一旦Assistive Touchの使用を中止しました。

今現在は支払いの時はApple Watchのサイドボタンダブルクリックで起動して支払いをしています。

とても安定して支払いができているので、便利なことには変わりなく不満はありません。

まとめ

もしあなたが、Apple Watchで電子決済を利用していて、支払い時エラーなどが起きて支払いが完了できなかったりするなら、

Assistive Touchでの支払いモードを起動しているのが原因かもしれません。

バグか、設定の仕方が悪いのか詳細ははっきりしていませんが、バグの場合はOSのアップデート等を待つしかありません。

僕としては、安定してApple Watchでの支払いを利用するなら、Assistive Touchの利便性は分かるのですが、安定して利用するなら、Apple Watchのサイドボタンダブルクリックでの標準の使用をおすすめします。

余談 Apple Watchで使用するならこのクレジットカード一択

今回僕がApple Watchに設定しているクレジットカード【三井住友カードNL】はガチでおすすめです。

コンビニ大手、マクドナルドなどでは、ポイント付与率が通常付与に加算されて5%も付きます。

【クレジットカードをかざして決済の非接触決済の場合のみ】

三井住友カードNLはApple Watchに設定【支払いカードとして登録】すると

クレジット支払いとID支払いの二種類の支払い方法ができます。

コンビニ3社や、マクドナルドでの5%の高還元率のポイント付与は

クレジット支払い、かつ非接触決済の場合のみのようです。

したがって、ID支払いや、クレジットカード支払い端末機械にカード挿入などではポイント付与率は5%にはならないので注意!

さらに年会費は無料

Apple Watchに三井住友カードNLを設定すると、クレジットカード非接触決済だけではなく、ID決済もできる。

これ結構重要なポイントなんですが、

ID決済は電子決済ができるお店ならほぼどこでも使用できます。

しかしクレジット支払いの非接触【かざすだけ決済】はまだ対応しているお店は少ないです。

三井住友カードNLはクレジット支払いは同じでも非接触決済しないとコンビニやマクドナルド限定ですが、高還元率ポイント付与が付きません。

できれば非接触支払いでのクレジット払いをしたい所です。

しかしクレジットの非接触決済を対応していないお店でも、

同じ下の画像【Apple Watchの支払いモード画面】で

クレジット非接触払いVISAタッチとID支払い両方可能です。

つまりこのカード一枚Apple Watchに設定しておくだけで、クレジット支払いが対応していなかったら、別のカードに切り替えたりしなくても、

この画面のまま【じゃぁIDで】といえばいいだけです。むちゃくちゃ便利です。

Apple Watchに設定するクレジットカードは利便性としても、

コンビニや、マクドナルドのポイント高還元率としても、

ガチ三井住友カードNLはおすすめですよ。

僕は現在三井住友カードNLを買い物のメインカードとして使用しています。

利便性とポイント付与率が他のカードよりも頭ひとつ抜けていると思います。

コンビニによく行くあなた!!!一枚作ってみてはいかがかしら?

三井住友カードNL公式サイト

Apple Watch支払い画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました