Apple Watchデビューして半年、実際よく利用している便利機能とコツ

Apple Watch便利生活

どうも、僕です。

今回は、僕がApple Watchデビューして約半年、実際によく利用している超便利機能を紹介していきます。

せっかくApple Watchを購入したのに、ぜんぜん、使い切れていない人、今回紹介するように、超便利なApple Watchをじゃんじゃん使いこなしていきましょう。

Apple Watch超便利機能集

まず最初にApple Watchの僕が実際に使っている超便利機能集を書いていきます。

Apple Watchの超便利機能集
  • アップルペイ【Apple Watchでのクレジット支払い】
  • Siriを使ったリマインダー機能
  • Siriを使ったタイマー・アラーム設定
  • 音声入力での文字メモ
  • イヤホン通話を使用しているときの着信【誰から電話が来たのかをiPhoneを出さなくても確認】
  • メール、LINE、その他アプリの通知をiPhoneを取り出さなくても確認できる

アップルペイ【Apple Watchでのクレジット支払い】

アップルペイ【Apple Watchでのクレジット支払い】は過去の記事でも紹介したので言わずもながら、僕はこの機能が便利だとおもったので、Apple Watchデビューした次第です。

Apple Watchを使ってみて本当に便利だった事、厳選1つ
どうもカクです。今日は無数にあるApple Watchのレビューや、便利なこと何選とかってブログが有る中、Apple Watchを僕が、実際使ってみてたくさん便利だった機能や設定したほうがいい機能がよりどりみどりでした。...

最近は、キャッシュレスが進んできて、コンビニやスーパーなど現金を持ち歩かなくても至る所で、現金を持ち歩かなくても買い物ができる用になってきています。

僕も、かなり前から、キャッシュレス【クレジットカードで買い物】をしていました。

そこでふと思ったんですが、

Apple Watchのアップルペイにクレジットカードを登録したら、カードすら持ち歩かなくてもいいんじゃないか!!!っと

実際、今はちょっとコンビニへ・・・なんてときはiPhoneとApple Watchだけで買い物ができますし、財布も持っていかなくても大丈夫です。

支払い時に、クレジットカードをタッチする端末にApple WatchをタッチするだけでOK。

もちろん、Apple Watchを支払いモードにする必要がありますが、

支払いモードはApple Watchの外部ボタンを素早く二回押すだけでいいので簡単だし。

風呂上がりなんかに、ちょっとコンビニ行ってくるっ、ってときはiPhoneとApple Watchだけあれば、事足りるようになりました。

本当に超便利です。

Siriを使ったリマインダー機能【常時腕にはめているからiPhoneより便利】

ふと、あっ、あれ買わなきゃ!っていきなり思いつくことありません?

でもいざ買い物に行くと忘れちゃう・・・そんな事がある時こそ便利です。

Apple WatchでSiriを呼び出して、

(ティッシュボックスを買い物リストに追加)←例

と言うとリマインダーの自分でつくった買い物リストって項目に追加されるんです。

こんな感じでティッシュボックスがリマインダーの買い物リストに追加されました。

じゃぁこれをいつ使うかって言うと・・・

お店に言ったときに、あれっなんか買わなきゃいけなかったけど何だっけってときにリマインダーを開けばすぐに確認できます。では確認してみましょう。

 上の画像は僕のApple Watchの画面なのですが、コンプリケーションにリマインダーを登録しています。赤枠のリマインダーをタップするとしたの画像が開きます。

下の方にスクロールしていくと、次の画像になりますので僕が作ったリマインダーの中の

赤枠の【買い物リスト】の項目があるのでそれをタップすると・・・

リマインダーの買い物リストに追加された

赤枠のようにティッシュボックスが追加されていますね。

プリンターのインクとリステリンは僕が前もって買い物リストに忘れないように、

リアルメモしておいた物です。気にしないで下さい。(笑)

そこで!!

このリマインダーの便利な所が、お店で、買い物かごにティッシュボックスを入れたら、

ティッシュボックスをタップして3秒ほど経つと・・・・・・・自動的に消去してくれるんです。

タップすることによって実行済みという事になる。

リマインダーはただのメモじゃなくて、いかに手間なく使いやすいかを考慮してくれていて、タップするだけで、消去する手間がいらないんです。

つまり、

今回のティッシュボックスの例では、

ティッシュボックスをタップするだけで、ティッシュボックスの購入は実行済みということになり、買い物リストから消去になるってことです。

これはちょっとしたことですが、絶妙に便利です。

他のメモ帳アプリとかだと、メモした物を消去する時それなりの消去操作が必要なのですが、リマインダーの場合はタップするだけで3秒位で消去するので、本当に使いやすい手間のかからないアプリだと思います。

リマインダーを買い物リストとして利用するときのコツ

今回の、僕のようにリマインダーアプリを買い物リストとして利用するときは、

買う商品、一品づつ個別にメモるのがコツです。

お店で、一品づつかごに入れたら、その都度完了した商品をタップして消去していけるので、わかりやすいです。

Siriを使ったタイマー・アラーム設定

Siriをつかった、タイマーアラームはiPhoneで実際に利用している人が多そうですが、

これもまたApple Watchで利用すると更に便利です。では便利な例を書いていきます。

僕は洗濯を自分でしています。

洗濯をするのはいいんですが、部屋から遠いから洗濯完了の音が聞こえないんです。

そんな時に洗濯終了の時間ってだいたいいつも一緒くらいです【僕の場合は約35分くらい】

こんなときにApple Watchはいつも装備しているので、洗濯物を洗濯機に突っ込んだら

Apple WatchでSiriを呼び出して、(35分)と言うだけで35分のタイマーが始まります。

【画像はApple WatchのSiriに向かって一分って言っただけ】

最近のSiriは頭が良くて、

『一分のタイマーをセットして』みたいに、正確に言わなくても、

そっけなく

サラっと『一分』と時間を言うだけでも認識してくれるから、Siriに話しかけるのも前ほど恥ずかしくないですよ。ぜひ試してみてね。

話は戻りますが、これが結構便利なんです。洗濯の終了アラームが聞こえないし、他のことに手を付けると洗濯してたことを忘れちゃうんです。

じゃぁ、なんでApple Watchだと便利かっていうと家にいる時に

Apple Watchは家にいても常時装備しているけどiPhoneはどっかにおいていますよね?多分・・・

タイマーをかける為に、どっかにおいてあるiPhoneを忘れるとまた取りに行かにゃァならんのですよ。

iPhoneを四六時中持ち歩いている人なら、Apple Watch同等の利便性で活用できますが、

僕のようにiPhoneはいつも家のどっかにおいている人がほとんどだと思うので、やはり、僕にとっては常時腕につけているApple Watchでのタイマーアラームの方が便利です。

カップ麺を食べる時だって、

Siriに『3分』っていうだけでタイマーが始まります。本当に簡単ですよ。おすすめ!

昼寝するときとか出かけるまでちょっと時間あるだけでも、(12時にアラーム)っていうだけでOK

タイマーと違い、アラーム設定の場合はSiriに『何時何分にアラーム』って言わないとアラーム設定にはなりません

音声入力での文字メモ

僕は昔音声メモを利用していた時があるんですが、

音声メモだと録音した音声を最初から聞かないと目的の部分を探しづらいんですよね。

ここで便利なのが、メモは音声でメモるけど、保存は文字【テキスト】でっていうのが本当に便利です。

僕が利用しているのはDraftsというアプリなんですが、これがまた非常に使いやすいです。

音声の認識も精度が高いですし、音声メモを取ってる時、無音状態が続いても、勝手に終了しないんです。

他の音声テキスト変換メモアプリとかだと、無音状態が続くとまだメモが終わっていないのに勝手に終了したり、まだ終わってねーぞ手な具合に使いづらい部分がありますが、

このDraftsアプリは

終了かキャンセルをタップしないと勝手に終了しないので非常に使い勝手が良いです。

今回の記事では設定など細かい内容は割愛しますが、簡単な使用例を書いていきます。

Draftsコンプリケーションアイコン

僕のApple Watchのコンプリケーションに登録しているDraftsのアイコンをタップします。

すると画像の様な画面が起動します。

【僕の設定上の起動なのでインストール初期ではこの画面になりません】

Drafts起動画面

赤枠のマイクのアイコンをタップすると音声メモが始まります。

音声メモ中の画像

割りと早口で普通の会話のようにスラスラとはなしても精度良くテキスト変換してメモをしてくれます。

ここで、上の画像はまだ音声入力継続中なのですが、この状態で、無音状態がしばらく続いても、勝手に音声入力が終了したりしません。

キャンセルか、完了【赤枠の部分】をタップしない限り勝手に音声メモが終了しないようです。

ここが使いやすいと思いました。

リマインダーで良くね?って考えもありましたが、

こちらの音声メモは比較的長文になるようなメモに適しています。

僕としてはリマインダーと分けて使用する目的があったので、こちらの音声テキスト変換メモ【Drafts】も利用しています。

イヤホン通話を使用しているときの着信【誰から電話が来たのかをiPhoneを出さなくても確認できる】

僕は、結構な頻度で、イヤホンを利用しています。

仕事中や、何か機械の運転中など、危険のない範囲で音楽を聞いたり、

着信があった時は、イヤホンの着信応答ボタンを押すと通話開始なので、そのままイヤホンで通話します。

騒音がでかい時などイヤホンのほうが相手の声も聞こえやすいですし、何より、作業中は通話しながら両手が使えますからね。

しかし、使い勝手として、Apple Watchがなかった時は、

着信音はイヤホンにも流れるので、着信に気が付かないなどの問題なかったんですが、

毎回誰からの電話かiPhoneを服のポケットから取り出して、確認してからiPhoneをまたポケットにしまって、イヤホンの着信ボタンを押して電話に出ていました。

Apple Watchを使用し始めてからは、このiPhoneを取り出して、着信相手を確認してまたポケットにしまって、イヤホンの着信ボタンを押して電話に出るという行程がなくなりました。

イヤホンをしていて着信が来た時、

Apple Watchで着信相手をチラ見

イヤホンの通話ボタンをポチッ

これだけで相手を確認しつつ通話ができる様になったので本当に便利です。

ガチで便利です。

メール、LINE、その他アプリの通知をiPhoneを取り出さなくても確認できる

Apple Watchを購入する目的として結構多いのがこの

メール、LINE、その他アプリの通知や着信相手をiPhoneを取り出さなくても確認できる。

ではないでしょうか?

僕の周りでも、それほどApple Watchを活用しきれていない人でも、

このメール、LINE、その他アプリの通知や着信をiPhoneを取り出さなくても確認できるという機能は本当に便利だと声たかだかにみんな話しています。

この機能に関して、便利な事は想像に難しくないと思うので、それほど語ることもありません。

割愛します。

Apple Watchデビューして半年、実際よく利用している便利機能とコツまとめ

今回は僕が、Apple Watchデビューして半年、実際よく利用している便利機能とコツを書いてきました。

他にもいろんな機能もあるし、実際僕ももっと他の機能も利用しているのですが、

実際に特に便利だなって思う機能の利用頻度の高い事を優先的に厳選して書きました。

Apple Watchって本当に便利なのですが、きっとこれからももっともっと進化して、もっと便利になっていくと思うので、その時はまた記事にしたいと思います。

今回紹介した機能は一部ですが、使えそうだな!って思ったらぜひあなたも活用してみてくださいね。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました