記事を書いている時に、【文字が上書きされてきえてしまう】の対策

上書きモードのカーソル画像記事書き方



この記事は、ブログなどで記事を書いている時に文章を修正したくなる時ってありますよね?

文字を修正しようと、文字と文字の間にカーソルをもっていくと、
カーソルが青く太くなって、そのまま文字を書いていくと、うしろの文字が上書きされて消えてしまうようになってしまった時の対策を書いていきます。

解決方法

ズバリ犯人は ins キーです。

こんな風になっちゃうよね!っていう例

カーソルの画像

通常は、記事を書いている時、上記の様に、ほっそいカーソルが点滅していますよね。
修正したい文字の所にこのカーソルを移動させて文字を挿入したりできます。

それがいつの間にか下の画像の様にカーソルが青く、太く、力強くなっちゃうんです。

上書きモードのカーソル画像

ただカーソルの見た目が青く、太く、力強くなるだけならまだしも、
こうなってしまうと上書きモードといって修正したい箇所にカーソルを持っていって、
文字を挿入しようとすると、カーソルより後ろの文字が上書きされて消えていってしまいます。

僕はほとんど使用することがない機能なので知らなかった

僕は上書きモードを使うことがほぼないので、知らなかったので、こうなっちゃった場合、どうしたらいいのかわかりませんでした。

文字と文字の間にまた文字を入れたい時などは、あきらめて後ろの文章を全部いったん消して作業していました。

今で、
insキーを押すことによって、上書きモード、通常モードの切り替えができるし、上書きモードでのカーソルの見た目は上記の用に、青く、太く、力強くなることがわかっているので、

すぐに直せるので、困る事はなくなったのですが、上書きモードの存在を知らなかった時は本当に途方肉れていました。

当時はブラウザなどのバグか何かだと思っていましたね。(ㆀ˘・з・˘)

そして、いつの間にかまた、元に戻っているという・・・・

原因ははっきりしていますが、キーボードのバックスペースキーinsキーは、
すげー近いんで、バックスペースキーで文字を消そうとして間違ってinsキー
押していたんだと推測できます。

キーボード配列

近っか!!!これは間違って押すよね!!(ㆀ˘・з・˘)

まとめ

上書きモードってもんが、あるのを知らないでカーソルが太く、青く、力強くなってしまって文字を挿入しようとすると、後ろの文字が、どんどん上書きされて消えてってしまって困っている人への記事でした。

知らないと、わけわかんなくて、イライラする事ですが、insキーでなおるよ!ってことを
知っていれば怖くもなんともないです。

知らなかったあなた!!!

ぜひ覚えておいてください。

文字を入力中
カーソルが太く、青く、力強く!上書きモードになったらinsキーでなおる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました